アスリート、スポーツフリークのための鍼灸・整体院です。スポーツによるケガでお困りの方は、一度お越しください。

症例

症例は、まだまだあります!
少しずつアップしていきます!

症例

各カテゴリーをクリックしてください。

頭部・頸部

肩周り

   

腰周り

股関節周り

   

膝・足首

下腿・足裏

   

手首・指

その他

   

 

スポーツによるケガ

スポーツによるケガには、大きく分けて『スポーツ障害』と『スポーツ外傷』があります。

1.スポーツ障害

①スポーツ障害とは

スポーツ障害は、使い過ぎなどにより特定の部位に負荷が蓄積することで起こるもので、疲労骨折、テニス肘、オスグッド、ジャンパー膝などがあります。

 

例えば、「ジャンパー膝」は繰り返しジャンプを行うことで膝に負荷が蓄積して発生します。

 

また、同じトレーニングを行っているチームメイト全員がスポーツ障害を発症するわけではないため使い過ぎだけが原因ではないことも考えられます。

 

スポーツ障害を発症した選手は「柔軟性」「バランス」「筋力」などのコンディショニングを崩しているときに、使い過ぎなどで特定の部位に負荷が蓄積して発症したと考えられます。

②整形外科的な復帰プロセス

整形外科的な復帰のプロセスは、運動量の調節、リハビリテーションによる身体機能の改善、競技動作の改善、段階的競技復帰です。

③当院のスポーツ障害に対しての施術

なぜ、体のどこか一部に負荷が蓄積するのでしょうか?

 

当院では「痛めた部位」は、「別の部位」の動きの悪さをカバーすることで負荷が蓄積して痛めてしまった…、と考えています。

 

例えば、「ジャンパー膝」はもともと股関節の動きや足首の動きが悪く、その動きの悪さを膝がカバーすることで膝に負荷が蓄積して起こったのではないか…、と考えます。

 

そのため、施術する部位は膝ではなく股関節や足関節になり、そこの動きを改善することで膝にかかっていた負荷を軽減させ症状の改善を狙います。

 

本当の原因を改善しなければ、症状を繰り返したり、違う部位で違う症状が出たりします。

 

根本の原因を見極めて施術することが大切です。

 

2.スポーツ外傷

①スポーツ外傷とは

スポーツ外傷とは、一度の外力で受傷したもので、脱臼、靭帯損傷、捻挫、骨折などがあります。

②整形外科的な復帰プロセス

スポーツ外傷では、安静期間が終わった段階で完治したと思いがちだが、安静期間により筋力低下や可動域低下などの身体能力が低下しているため、リハビリテーションなどで身体能力の改善などを行い段階的に競技復帰を目指すことが大切になります。

③当院のスポーツ外傷に対しての施術

外傷そのものは、手術や固定などの手当てを行い安静期間を過ごすことで、損傷した部位が回復し改善していきます。

 

当院では、ケガをした部位やそれにより負担がかかる部位への負荷を減らし、ケガの回復を早め、早期の改善を狙った施術を行っていきます。

 

3.スポーツ障害・外傷には『予防』が大切

スポーツ障害を発症させないために、日頃の『コンディショニング』や『ケア』がとても重要になります。

 

当院では、『コンディショニング』や『ケア』も行い、スポーツ障害の予防も行っています。

 

  • 082-516-7167
  • 地図
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2020年9月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    • 休日
    • 臨時休業
  • ご来院地域
    【広島県】
    広島市 東広島市 三次市 庄原市 呉市 安芸太田町 北広島町
    【島根県】
    浜田市 益田市 出雲市 松江市 邑南町
    【山口県】
    岩国市 光市
  • オフィシャルブログ
  • お気に入り